Home

現地より愛をこめて(仮)

バーコードラベル貼り

今日は、雄勝小学校から来た本のバーコードラベル貼りを中心に進めました。

B0303

 

受入れのために空にしてあった本棚に、だんだんと本が入っていくのが嬉しいですね。

今日は雄勝小学校の130箱あった箱の70番目に達しました。

小学校の分の半数を越えた訳ですが、後半は詰め込む時に完璧には揃えられなかったので、今までのように順調には行かないかもしれません。

隣に控えている中学校の方の箱詰めの本はもっと整理されていないので、状況はだんだん厳しくなりますが、へこたれずに行きたいと思います。


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

卒業式までに

先月27日に雄勝小、雄勝中から図書の詰まった段ホール箱が大須小・中学校図書館にやってきて、その翌日からこちらでの作業を開始しています。

4校の図書データを一元化するので、全ての本を新しい蔵書として登録して、ラベルなどの装備をしています。

現在の急務は、10日の卒業式までに、まずは廊下においてある段ボール(中学校の分80箱)をなんとか室内に納めなければならないので、2日は先生方にも手伝いをお願いして、作業を進めました。

wpid-wp-1490085487787.jpg


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

いよいよ本が到着しました

雄勝小学校と中学校から、続々と本の箱が運び込まれました。

B0227

小学校は130箱(室内にある分)、中学校は80箱(廊下にある分)です。

B02272 B02273

中の本は、それぞれ送り出しの時に蔵書リストの順番どおりに梱包するという予定だったのですが、結局小学校、中学校ともに最後は時間が足りず、後ろのほうの番号はざっくりと詰め込まれている状態です。

よってこれから、梱包を開けながら、リスト順に蔵書ラベルを印刷して、それぞれの本に貼り付けて、本棚に排架です。

本当の山場がやってきました、という感じです。 ふうぅ、、、春は短いけれど、頑張らねば。。。 


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

地域ボランティアさん大活躍

 

今日は、南方中学校に行って来ました。

前回、一度説明しただけなのに、地域ボランティアさんが、なんと1,200冊くらいの登録などを進めてくれていました。

しかも、グループで作業をされているため、引き継ぎの方法や混乱を避けるためのメモなどを自分たちで工夫され、確認を行いながら作業を進めておられる様子が、素晴らしかったです! 

こういうところは、なかなか実際に作業を行っている人たちにしか分からない段取りなのですが、「さすが!」と思いました。 これからの進捗も楽しみです。

南方1R


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

職業講話@湊中学校

今日は、今年度最後の「職業講話(社会人の話を聞く会)」が、湊中学校でありました。5名の講師の方が来られて、中学1年生に対してそれぞれの「職業観」や「大事にしていること」などを伝えました。

 

IMGP4273-0011-IMGP4254

こちら(↑)の講師は、地元で公園のウッドスペースや注文家具などを作る木工品製作会社の社長さんです。「木を通じて地球と人間の共存を考えていきたい」との思いで仕事をされているそうで、実際に手掛けた小さないすや木工品の数々を見せると、生徒たちが近くに引き寄せられていました。近い距離で作品に手で触れていろいろなやり取りがあったそうです。

 

1-IMGP42081-IMGP4280

こちら(↑)は、ソニー(株)の研究開発部門で技術渉外を担当され、スマホの次世代方式の導入、普及に向けて会社の代表としてさまざまな活動をされている方です。2020年東京オリンピックの頃に実現する5Gサービスの話や、これまでに訪れた17か国の国で、大変だったこと、面白いと感じたこと、沢山のエピソードを語られました。外国やその文化については、先入観を持たずに自分の目で見て理解するのが重要であることや、英語の勉強も重要と話されていました。

 

IMGP4225-001IMGP4287-001

こちら(↑)は地元三陸河北新報社「石巻かほく」の新聞記者さんです。中学校の先生の言葉がきっかけで新聞記者をめざし、今は、念願の記者になって地域の取材に飛び回っているそうです。新聞がどのようにできるのか、また女性の新聞記者さんの割合などについても話されていました。生徒たちも、自分たちと年が近く、身近な地元紙で働く講師の先生に活発に質問を行っていました。

 

IMGP4231-001IMGP4302R

こちら(↑)は、オフィス用品の会社で40年間カタログを制作をしている方です。「人とのコミュニケーションがいい編集の鍵で、それができないとよいモノができない」と言われていました。とても絵が上手で、個人でペンネームを持って活動されているそうで、お話の後に実際に生徒たちの似顔絵を一人ひとり描かれていました。生徒たちにはとても印象的な体験だったでしょうね。

 

IMGP4238IMGP4270-001

こちらは、会社で長く広報の仕事に携わった後、独立して「広報・CSRコンサルタント」を始められた講師です。「プレスリリース」や「記者発表会」の話、一つの製品が世の中に出るまで、広報はもちろん、会社のたくさんの部署が協力することなどを話されました。今は会社や団体の相談に乗りアドバイスをするそうですが、「どのような相談が一番多いですか?」といった質問などが生徒たちから出ていました。

 

Minachu

最後は、講師全員で集まって記念撮影。お礼に頂いた花束を持って、皆さん晴れ晴れとしたお顔ですね。生徒たちに素敵な話をありがとうございました!

 

 

 

 

 


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

カレンダー
« 2017 年 3月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Twitter

Return to page top