Home

現地より愛をこめて(仮)

いよいよ引っ越し! 箱との格闘

今日は、いよいよ雄勝小中学校の新しい校舎への引っ越しの日です。

IMG_20170803_110125
上の写真が、新しい図書館の書架です。何も入ってない部屋は小ぎれいですっきりしていますね。
IMG_20170803_120329

本の箱が運ばれてくる前に、本を排架する場所を表示する仮の看板を作ったりして待っていました。写真は、今回の引っ越しを手伝ってくれた司書の方が、毛筆体のレタリングで表示を書いてくれているところです。

IMG_20170803_133121 (1)
いよいよ運送業者の方たちが到着! 怒涛のように引っ越しの箱を運んできます。運ばれてくる際に箱の順番がバラバラになるため、人が入ってくるたびに、その箱をのぞき込んで番号を確認して置き場所を指示するというのがこの場での役目です。
IMG_20170803_161310_1CS (1)IMG_20170803_141118 (1) 
全ての箱が一度メディアセンターの中に入りましたが、箱の順番は50個ずつのざっくりしたまとまりになっているため、再度番号を確認して全部並べなおします。これを2人で行ったので、なかなか体力的に大変な作業となりました。
書架に少し並べてみようと箱を開けて本を出してみたのですが、一部の書架は段の高さが調節できなくて、背の高い本が入りません。
1-IMG_20170803_160000

うーん、困りました。特に小学校の学習用の本はB5やA4サイズが多いのです。 というわけで、レイアウトのやり直しを行うことにしました。 何事も、現場であわせてみないと分からないことが多いのですが、頭も力も使う毎日です。


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ひたすら分類

今日は桃生中学校の図書整理です。
既に廃棄する本を書架から引き出す作業は終わっていて、今は本を全部分類して背ラベルを貼りなおす作業に移っています。

私たちが請求番号を本に鉛筆書きして、先生方や図書委員さんがそれをラベルシールに書き写して、背ラベルを貼っていく、という手分け作業です。

「分類」と「鉛筆書き」が、先行していなければ作業が進まないので、頑張って分類を行っていますが、例えばこの本はノンフィクションなのか伝記なのかを本の内容を見ながら考えたり、シリーズでまとめるのか個別に番号を振るか、など手を止めて考える作業が多いのです。

分類はこの壁の書架の左端から初めてその面の半分ほどにきています。それでも0類から2類までなのでまだまだ先は長く、今日も続きを行いました。

 

IMG_20170602_125406


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

引っ越し準備完了!

いよいよ雄勝小中学校の引越しPart2(新校舎への引越し)が動き出しました。

4日間で、書架の本を全て箱詰めし、304箱の用意を行いました。

今年3月に行った引越しPart1の時のように、実際の本とリストとを一々照らし合わせる必要がないので、書架に並んだ順に(つまりNDC番号順に)端から箱に入れていきます。なので、引越しPart1よりははるかに早く箱詰めが終わりましたが、真夏の作業なので、汗だくになりました。

こちらがきれいに並んだ箱たちです。当初、300箱と見込んだのですが、終わってみると304箱でした。だいぶ引っ越し慣れしたのかもしれません(?)。

 

IMG_20170718_145207

来週、引越しを行うので、新しい校舎の下見に行かせていただきました。

新しい雄勝小中学校は、3階建てのとても素敵な建物で、メディアセンター(図書館)は2階にあります。 早速、中の本棚のサイズや配置を見て、来週の本の搬入・排架にそなえています。

1-1-DSC_2700

 

1-1-DSC_2667

 

 

 


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

台帳入力中

今日は、渡波中学校に行き、手書きの台帳情報をPCに入力する作業の続きを行ってきました。

学校司書さんと一緒に作業を行っています。

 

wpid-IMG20170710.jpg

 

 


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

図書委員会も頑張っています!

今日は稲井小学校の図書委員会の活動の日で、その時間に合わせてオブザーバー参加させていただきました。

稲井小学校の図書整理作業に入ってから、学校司書さんや先生方と相談しながら使いやすい図書館に作り変えていますが、その中でも図書委員会の子どもたちは、図書館にとって重要な存在なので、学校司書さんが「貸出」と「排架」の方法を説明しました。

現在、本を借りる子どもたちが多いのはよいのですが、毎日の返却と貸出が少々混乱気味で、管理ソフトのデータの状態と利用者貸出状況が一致しなくなっていたり、書架を見ても読みたい本が見つからないことがありました。今日は、図書委員会の子どもたちにそのあたりの説明と、情報交換ができたので、有意義な一歩になったようです。

委員会は会議と反省会の後に、廃棄する本をみんなで図書館から倉庫へ運んで終了となりました。図書委員会の皆さん、とっても頼りになります。

 

IMG_20170705_154545


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

カレンダー
« 2017 年 8月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Twitter

Return to page top