ホーム > タグ > 雄勝小中学校

雄勝小中学校

居心地の良い図書館です

雄勝小中学校で、前回から続いて、ラベル貼りと排架の修正をやりました。

この学校で予定していた大体の作業は完了したのですが、最後に考えていた「教科書で紹介されている本」を書架から選び出して別のコーナーに陳列することがどうしても時間切れとなってしまいました。

また、続きの作業に来ることにします。

写真は放課後、バスを待ちながら、本を読んでいるところです。自然にふらっと来て、利用しやすい学校図書館って、いいですね。

IMG_20190213_171529_319R


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

朝の読書

今日は、雄勝小・中学校に行き、前回の続きの排架作業を進めました。 

以前行った引っ越しの時点では、3類の中にある「昔話」や「戦争の本」を細かくチェックできなかったので、それらの本を抜き出してラベルを貼り直す作業も並行してやっています。

写真は、雄勝小・中学校のメディアセンターでの朝の読書の様子。

同校のFacebookページで紹介されていたものですが、子どもたちが真剣な様子が伝わりますね。

 

wpid-FB_IMG_1548854568186.jpg


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

棚割りの見直し

今日は、雄勝小・中学校に行って来ました。
前回から書架の棚割りを見直しをしています。
絵本が終わり、0類から順に本をずらしているのですが、新しい本を差し込んだり、ラベルの貼り直し作業も並行して行っているので、2類の最初で、今日の作業は終了しました。

なかなか終わりませんが、年明けにまた続きの作業に行く予定です。

 

wpid-photo-12.jpg

 


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

使いやすい工夫

雄勝小中学校では、四校の図書館統合で出た複本のリスト化をしていましたが、何とか今日で679冊の入力が終わりました。まだリストの形式が揃っていなかったり、箱詰めが一部残っていますが、一段落した気持ちです。

こちらは、ラミネートされた分類の表示板と差し込み板です。 子どもたちが使いやすいように、学校の支援員さんが作られたものです。書架に本をNDC順に並べた後に、どのように表示するかが、それぞれの学校図書館の工夫のしどころです。とても分かりやすいですね。

wpid-IMG_20181120_142950.jpg   wpid-IMG_20181025_123258.jpg

 


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

いろいろな交わり

雄勝小中学校へ伺い、旧大須小校舎に保管していた四校の学校図書館統合時に重複本として除籍した本のリスト化をおこないました。

20箱あるうち、前回と合わせて10箱まで進みました。ISBN番号を使ってネットから書誌情報を引き出していますが、1割くらいが手入力という感じです。
そんな作業の合間に、三階の地域交流スペースでイベント授業を見学させて頂きました。

地域の方たちの「お針子サークル」に小学校五・六年の児童が混ざって針仕事を教えてもらいながら一緒に活動するというものです。
五・六年生だけでなく、担任の先生に連れられてもっと小さい児童も混ざっていたり、ALTの英語の先生も日本語が良くわからないままにおばあちゃんに身振り手振りで教わっていたりと、いろんな交わりがあって、とても楽しそうでした。

学年を越え、世代を越え、地域を越え、立場を越え、国を越え、言語を越え、文化を越えて、、、とても、いいですね。こういう授業を垣間見ることができて、こちらも幸せな1日でした。

 

wpid-IMG_20181025_141134-1.jpg

 

 

 

 

 

 


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 雄勝小中学校

カレンダー
« 2019 年 8月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Twitter

Return to page top