Home > 活動報告 > 「蔵書点検」一気にやります

「蔵書点検」一気にやります

いよいよ渡波中学校の「蔵書点検」が始まりました!!

ところが、一口に「蔵書点検」と言っても図書管理ソフトを使っているわけではないので、普通にイメージする「バーコードリーターでピッピッとやっていく」のではありません。台帳のデータと本を手作業で対応させて行くのだからまあ大変です。

そして、渡波中学校は昨年度まで仮設校舎にいて図書もすべて震災後に慌ただしく入ってきたものばかり。背ラベルはある程度(それでも半分くらいかな)貼ってありましたが、蔵書番号の記入まで手が回っていませんでした。そうです、今回の点検では、本来受入作業である番号の記入を同時にやっつけるのです。

ノートパソコンを本棚に持ち込んで、データの並べ替えや検索を駆使して書架にある本を見つけていき、その本を開いて番号を記入。という作業を司書さんと一緒に基本三人で一週間でやろうというのは・・・、やはりちと無謀か?

とはいえ、昨日は0類~2類まで、今日は3類~5類まで点検が進みました。
台帳に記入してある蔵書数は約4,900冊で、2日間で2,464冊のチェックが済みました。

ほぼ半分!となかなかいいペースですが、後半は台帳外の本(寄贈本など)の処理なども入ってくるので、まだまだ作業はあります。果たして一週間で終わるのでしょうか?

Watachu1

こんな風に本棚に取り付いて一冊ずつ手に取って確認していきます。ずっと下を向いているので肩が凝ってしょうがない!


Home > 活動報告 > 「蔵書点検」一気にやります

カレンダー
« 2018 年 7月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Twitter

Return to page top