ホーム > タグ > 門脇中学校

門脇中学校

門脇中学校

今日も蔵書番号の有無を分け、印、新番号の記入、データ入力、分類とラベル貼りを続けました。

0類、1類と洋書ゾーンなので、何かと時間がかかります…が、地道にコツコツ進めています。

5月も半ばだというのに、今日はストーブが恋しくなる気温でした。


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

お勧め本をどうぞ

今日は門脇中学校に伺いました。

新年度になりましたが、図書担当は昨年度の担当の先生が引き続き行われることになり、これまでの流れに沿って進めていきます。

先月は、昨年度の締めとして、図書館内にある本の登録を終え、全体に棚の見直しと再排架をして何とか区切りをつけた形で終わっていました。 
今日は、隣の準備室の書架にある0類と1類に手を付けて、本の登録や棚の見直しなどを行いました。いくつか寄贈本も混ざっているので、そのあたりも直しながら、行っています。

それから、新しい本が15冊届いていました。

どれも、芥川賞や直木賞、本屋大賞などの受賞作品やノミネートされた作品です。今も書店に並んでいる人気のある一般文芸書で、巷で話題になっているうちに図書館書架に並べることができたので、ありがたい選書だと思いました。

また、昼休みにやってきた生徒さんたちは、並べたばかりの新しい本とお薦めの本の棚を閲覧して、3人が一冊ずつ借りていきました。お薦め本として選んで並べた本を借りていったので、内心密かにガッツポーズをしていました。


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

頭も身体も使います

今日は、門脇中学校で、本を大きく動かして類ごとに並べ替えをしました。

今まで本の登録とラベル貼りを進めてきましたが、ついに図書館の書架にある分は終了し、残りは隣の準備室の本となりました。準備室の本はこれから登録後にこちらの書架に移す予定ですから、書架にそのスペースを空けなければなりません。これらは0類と1類なので並び順の最初の方に差し込む形になるので、その場所にスペースを作るためには、9類の一番後ろから順に詰めていってほぼすべての本の移動が必要となる、という訳です。

具体的な作業は、大まかに類ごとに書架から取り出して、細かい番号や著者名順に並べ替えて、本棚にもどす、という内容。単純作業に見えますが、本の高さの関係でそのままでは綺麗に並べることができません。いろいろ工夫してパズルを解くような少々難解な作業となりましたが、それがうまくいった時はかなりうれしいです。

今日は9類の一番最後から4類の途中までやりました。明日も続きを行います。

 

wpid-picture.jpeg

 


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

図書整理マラソン

今日は、門脇中学校で、蔵書印と番号記入と登録をひたすら行いました。
前回、ようやくたどり着いたこの棚も、あとは残すところ右の四段のみで9類の読み物が終了します。

いつも、同じような本棚の写真になってしまいますが、少しずつ進んでいるのです。

IMG_20190227_154302
といっても、背ラベル貼りもまだ沢山あって、こちらにスタンバイしています。。。

IMG_20190227_154255

図書整理はマラソンのようなもの。 ゴールは、子どもたちに喜んで使ってもらえる日ですかねぇ。


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

サ行が続いています

今日は、門脇中学校で、9類の読み物の登録と装備が続いています。

前回は「重松清」あたりまでを行い、今日は「宗田理」までやりました。

なかなかサ行が終わらないですが、小学校高学年から中学生くらい向けのシリーズが沢山あって、冊数も多いので、まだしばらく続きます。

本棚の位置でいうと、始めた位置から見て対角線の所を越えたあたりです。

 

wpid-IMG_20181214_142858.jpg

 

 

 

 


  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 門脇中学校

カレンダー
« 2019 年 6月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Twitter

Return to page top