Home > 活動報告 > 釜小学校 不要品の解体と運搬

釜小学校 不要品の解体と運搬

先日釜小学校にご挨拶のため訪問したところ、いくつかの活動依頼の相談を受けました。
学校設備の修繕などに関することが多かったのですが、防災的な観点プラス、児童の心のケアについて考えて行くと、どうしても学校の環境整備をないがしろに出来ない、という考えを聞かせてもらいました。
普段からプロジェクト結では先生方が子ども達に向き合う時間を確保する為にお手伝いをしているわけですが、改めて先生方が学校設備や教育環境についてどのように考えいるのかを聞かせてもらうと、また気が引き締まります。

さて、今日はその作業のひとつ、天井から吊り下げてあるテレビがグラグラしていて地震の時などに危ないので撤去したい、との要望に応えてのことです。
image

見てのとおり、テレビは一昔前のブラウン管式。メッチャ重いしろものです。
その重いテレビを支えるこの鉄枠は、グラグラしているとはいえ結構しっかり固定してあり、解体するのも一苦労。マニュアルとかはないので手順も手探りで、ああでもないこうでもないと相談しつつ解体していきます。
image

最終的にこのテレビ枠の解体は6つやりましたが、その間みんな勝手がわかってきたので、最後のひとつは10分とかからずにすんでしまいました。
まるで本職の業者さんのような手際の良さ。この技術力、今後再び生かす機会が果たしてあるのでしょうか・・・。


Home > 活動報告 > 釜小学校 不要品の解体と運搬

カレンダー
« 2021 年 2月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
Twitter

Return to page top